2011年01月09日

調理方法に関する文献はほとんど残っていない

2001年(平成13年)にBSE問題や産地偽装事件が全国的に問題になると、2003年(平成15年)の牛肉トレーサビリティ法施行を前にして、2002年(平成14年)9月にBMS値をNo.6以上に「神戸ビーフ」の基準を下げた[5]。世界のフォアグラの生産量は西暦2000年で約1万8000トンだが、そのうちフランス産は1万5300トンにも及んだ。古墳時代には薬猟の名で、鹿や猪の狩が年に数回行われ、その肉が薬用として食べられていた[1]。日本では古来、食用の家畜を育てる習慣が少なく、主に狩猟で得たシカやイノシシの肉を食していた。盆地で新鮮な海産物に恵まれなかった京都では京野菜や乾物を活かした京料理が発達し、また大阪は海運を通じて食材の集積地となった歴史などから「大阪の食い倒れ」とも称される。 * クルズット(Körözött)またはリプタイ・トゥーロー(Liptai túró)甘口のパプリカ粉末と玉ねぎを混ぜたチーズ・スプレッド* リバマーイパーシュテートム(Libamájpástétom):ドゥナーントゥール地方(ドナウ川西岸)名産のガチョウのレバーパテ(フォアグラ)* ブンダーシュ・ケニェール(Bundás kenyér):「コートを着たパン」または「毛皮を着たパン」を意味するフレンチトーストで、朝食として、またホウレンソウと共に食べる。 * オリエンタルホテル広島 - 新浦安、神戸メリケンパーク、なんばを買収したゴールドマン・サックスが、新たに買収したホテルをリブランドする形で開業したホテル。平安時代に於いても度々木簡にその名が登場しており、貴族が好んで食べていたことが分かる。同店には「今半御殿」との異名が付き[2][3]、店舗の絵葉書も作られた。有史以来、獣肉を食べるという文化に、内臓肉の存在は必ずついて回るものであるが、鮮度に左右され流通しにくいことからその調理方法に関する文献はほとんど残っていない。



鉄板焼で伊勢海老とビーフと鮑食べました
山形の牛は肉質が柔らかくて全国でも有名
松阪グルメに欠かせないステーキとすき焼き
posted by takanotoorimichi at 13:21| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。